Entries

スポンサーサイト

huffingtonpost : A Conversation with Jeff Lorber

http://www.huffingtonpost.com/mike-ragogna/chats-with-the-manhattan_b_4000078.htmlHacienda(2013/08/27)Jeff Lorder Fusion商品詳細を見るA Conversation with Jeff LorberMike Ragogna: Hey Jeff, you're back to the fusion. What got you back in?Jeff Lorber: I guess what I should really start with is what got me out of fusion in the first place. What happened was what happens with a lot of musical styles. ...

Late Night Rendezvous

2007年にリリースされたこの作品は、世界的トップサックスプレイヤーのDave Kozが設立したインディーズレーベルから発売されたもの。ジャズってやっぱいいなぁ~って思わせてくれる作品です。Shape of Your Heart - Jeff Lorber with Wayman Tisdaleナイススムース♪そして、feels comfortable!!Late Night Rendezvous (Dig)(2007/06/12)Various Artists商品詳細を見る...

Elements of Jazz / Tony Moore interview

http://www.tonymooredrums.com/...

SUN Jan 20th, Bridgetown, Barbados, - Naniki Caribbean Jazz Safari

Jazz is on the move! Check out the exciting lineup for Barbados January 17th - 21st...

Interview with Nate Phillips part 2

[Tom] 新作 "reset" についてお話いただけますでしょうか。[N.P] "reset"は、長らく僕が作りたいと思っていた音楽を結集させたものだね。ソングライターとしての活動は、僕のキャリアの中でも大きく、大好きで、それをアルバムとして纏めたんだ。殆ど毎日だね、アーティストと同行しているツアー中でも作曲活動は行ったりしていたんだよ。このアルバムを作る上で重要だったのは僕自身のスペースというか、他のベーシスト主体のア...

Interview, ExpandMusic with Noel Webb featuring Jeff Lorber

http://www.blogtalkradio.com/expandjazzmusicwithnoelwebb/2012/05/03/expandmusic-with-noel-webb-featuring-jeff-lorber...

Mallorca Smooth Jazz Festival 2012 - Jeff Lorber

...

Interview with Nate Phillips part 1

Richardの次は、ツアーにベーシストとして参加しているNate Phillipsとも都内で食事する機会がありましたので、インタビューをさせて頂きました。記事が長くなってしまいますので、2部構成でアップロードさせていただきます。最初は、ツアーの感想と、リチャード・ジェフとのつながりに関してです。Tom)本日までのショーの感想はいかがでしたか?N.P )素晴らしいよ、オーディエンスの皆さんも物凄く情熱的だしね。最初午後5時と8時...

Interview with Richard Elliot in Tokyo, part 4

Interview with Richard Elliot in Tokyo, part 4Tom) Jeff とのワーク、エピソードに関して紹介してもらえますでしょうか。R.E) 僕の音楽キャリアの始めの頃に、Keddie Hawkというバンドに所属していて確か1979だっとと思うだけど、Jeff Lorber Fusionのオープニングアクトという形で一緒にステージに立ったことがあるんだ。勿論そのときは、緊張していたこともあり殆ど話せるような関係では無かったよ(笑)それからT.O.Pに入っ...

Interview with Richard Elliot in Tokyo, part 3

Interview with Richard Elliot in Tokyo, part 3Tom) 今回参加されているミュージシャンは、もうアメリカでもツアーに参加している気心知れているミュージシャンですが、リハーサルに関してはスムースに進みましたでしょうか。R.E) そうだね、特にキッチリしたリハーサルというプロセスを踏んでないかな、踏む必要もないというかね。(笑)チャートも特別に用意しているものでもないしね。勿論チャートはあるけど、あくまでガイド...

Appendix

プロフィール

Jeff Lorber Fansite

Author:Jeff Lorber Fansite
キーボード奏者のジェフ・ローバーは、1952年11月4日ペンシルヴァニア州フィラデルフィア生まれ。
バークリー音楽院、ボストン大学に学んだ後、チック・コリアの指導を受け、 '77年に『ジェフ・ローバー・フュージョン』を発表。
L.A.フュージョンに新風を吹き込むと同時に、ケニー・Gやデイヴ・コズの押し出しにもひと役買い、'80年代のビッグ・アイコンになった。『ウィザード・アイランド』や『ヒート・オブ・ザ・ナイト』など自己名義の作品をヒットさせる一方、'80年代後半からプロデュースにも乗り出し、マンハッタン・トランスファー、マイケル・フランクス、シーナ・イーストンらを担当。さらに、ダンスやファンク系の分野にも進出することでキャリア・アップを果たしてきました。”Now is the Time"が、第53回グラミー賞にノミネートされました。(ノミネートは4回目)




ジェフローバー氏の音楽活動を応援してくださる方のメッセージをお待ちしております。皆様がライブで聴きたい曲についてもリクエストお待ちしております。*定期的にアンケート集計結果は、ジェフ・ローバー氏本人に伝えられます。
メッセージはこちらにお願いします。

please feel free to contact us, and message to JL.
HERE

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。