Entries

スポンサーサイト

Jeff Lorber on Jazz Explorations TV show

デトロイトでのJazz Explorations番組のインタビュー風景が、youtubeにアップされました。Jeff Lorber on Jazz Explorations TV show hosted by Shanita Spencerhttp://jp.youtube.com/watch?v=D4XGDAekBukhttp://jp.youtube.com/watch?v=EA6t72DRZTohttp://jp.youtube.com/watch?v=BiUR15cuhIwhttp://jp.youtube.com/watch?v=4vdb1LayEM4Alex Zonjicとの共演で、"Heard That"シングルカット "Rehab"のライブ演奏が聴けます。...

about "NIGHT SKY" and "HEARD THAT"

NIGHT SKYJeff Lorber-Rex Rideout Mixed by Paul Brown and DC Drums: Lil’John RobertsBass:Alex AlGuitar:Darrell Crooks and Paul BrownWah Guitar: Jeff LorberKeyboards: Jeff LorberTrumpet:Ron KingTenor Sax:Gary MeekNight Sky,これは、JLFの"Bright Sky"をコンセプトとして上がってきたものだね。とはいっても、ワンフレーズが一緒なだけだけなんだけれど(笑)この曲は、このアルバム中の何曲かある、ジェフローバーフ...

about "THE BOMB" and "TAKE CONTROL"

THE BOMBSong by: Jeff Lorber-Rex RideoutMixed by Paul Brown and DCDrums: Lil’John RobertsBass:Alex AlKeyboards: Jeff Lorber and Rex RideoutGuitar: Darrell CrooksTrumpet: Ron KingTenor Sax, Flute:Gary Meekこの曲は今回のアルバムでも何曲かあるフュージョンライクな曲の1つだね。曲のアンサンブルという点にぜひ着目して欲しいね。Alex Al, John Roberts, Darrell Crocksが強力なグルーブ感を生みだしてくれたと思う...

Rex Ridout "Ridin' High"

アルバムプロデューサーのREX RIDEOUTのアルバムを紹介させていただきます。REXのキーボードプレイを聞くことが出来ます。 http://www.cduniverse.com/productinfo.asp?pid=3117612(残念ながら、Amazon.co.jpやHMV.co.jpでの取り扱いはないようです)Rex Rideout...

about "GAMMA RAYS" and "DON'T STOP"

GAMMA RAYSSong by: Jeff Lorber, Mixed by Paul Brown and DC Drums:Dave WecklBass, Guitar and Keyboards: Jeff LorberTrumpet: Rick BraunTenor Sax, Flute: Gary Meek前のアルバムで収録された"Surreptitious"という曲を良くライブで演奏してるけど、凄く盛り上がるんだよね。今回のアルバムでも是非、Surreptitiousのような、アップテンポで、ジャズ・フュージョンの雰囲気を存分を発揮できる曲を作りたかったんだ。ドラマー...

About Alex Al, Darrell Crocks and Mike White

(サイトオーナーのトムさんからです)Jeffから強力リズム隊と呼ばれている3人について、紹介させて頂きます。Alex Alのベースはもはや、スムースジャズヒットで欠かせない音となっていますね。Jeff 以外にも、Dave Koz, Brian Culbertson, Euge Groove, Michael Franks, Bob James etc...に参加しています。あのグルーブ感はなかなか出せるアーティストを観たことがありません。Youtubeに彼のデモがあがっているので紹介させてい...

about "DON'T HOLD BACK" and "YOU GOT SOMETHING"

DON'T HOLD BACKSong by: Jeff Lorber, Mixed by Ray BardaniDrums:Lil’John RobertsSynth Bass, Guitar and Rhodes: Jeff LorberFlugelhorn solo: Rick Braun Additional Bass: Alex Al Guitar: Darrell Crooksこの曲は、今回のアルバムで一番気にっている曲だね。Rexと曲を作り始めてから沢山のアイデア曲やフレーズがあったんだけど、この曲にRexが非常に興味を持ってね。80'sの音楽性が取り込まれた曲だね、ギターとベースのユ...

Synth Bass

今回のアルバムで驚いている人もいるかも知れないけど、シンセベースを使った曲があるんだ。Fill部分はAlex Alのベースと混ぜた曲もあるけどね。今回のアルバムで使ったシンセベースの音源としては以下の3つを挙げさせてもらうよ。勿論、全て打ち込みではなく、自分の手で弾いているよ。よく記事に打ち込みを使っていると言われるからね、あえて言わせてもらうけど(笑)それぞれ、とても太くて、味のある音が出せるし、音作りも楽...

about "COME ON UP" and "REHAB"

COME ON UPSong by: Jeff Lorber-Rex Rideout, Mixed by Ray Bardani, Drums:Mike White, Keyboards, Bass and Effects: Jeff Lorber and Rex Rideout, Guitar: Darrell Crooks, Paul Jackson Jr. and Jeff Lorber, Guitar Solo: Paul Jackson Jr., Trumpet:Ron King, Tenor Sax: Gary Meek, Vocalizing:Darrell Crooks 僕の最近のアルバムをみてもらうと分かると思うんだけど、最近のミキシングはPaul Brownが担当することが多か...

JL's Greeting and Concept of the Album "Heard That"

ジェフからニューアルバムについてのメッセージが届きました!日本の皆のもとにHeard Thatか届けられて、とても嬉しいよ。今年はEric Dariusと共にブルーノート東京で公演もしたし、演奏以外でも色々な経験ができたので、日本には特別な思い入れがあるんだ。日本のファンは、僕にとって、とても大切な存在だね。jefflorberfansite.comに対しても、これから色々とアップデートしたいと思っているので、これからも応援をしてほしいね...

"heard THAT"でました!

アルバムを聴いた感想をお聞かせくださいませ!ジェフも待っていると思いまーす。Heard That(2008/09/30)Jeff Lorber商品詳細を見る私事ですが、Amazonで予約していたのですが、全然届かないので問い合わせをしたら、入荷が遅れていて、半月遅れぐらいになってしまうようで(>_...

Appendix

プロフィール

Jeff Lorber Fansite

Author:Jeff Lorber Fansite
キーボード奏者のジェフ・ローバーは、1952年11月4日ペンシルヴァニア州フィラデルフィア生まれ。
バークリー音楽院、ボストン大学に学んだ後、チック・コリアの指導を受け、 '77年に『ジェフ・ローバー・フュージョン』を発表。
L.A.フュージョンに新風を吹き込むと同時に、ケニー・Gやデイヴ・コズの押し出しにもひと役買い、'80年代のビッグ・アイコンになった。『ウィザード・アイランド』や『ヒート・オブ・ザ・ナイト』など自己名義の作品をヒットさせる一方、'80年代後半からプロデュースにも乗り出し、マンハッタン・トランスファー、マイケル・フランクス、シーナ・イーストンらを担当。さらに、ダンスやファンク系の分野にも進出することでキャリア・アップを果たしてきました。”Now is the Time"が、第53回グラミー賞にノミネートされました。(ノミネートは4回目)




ジェフローバー氏の音楽活動を応援してくださる方のメッセージをお待ちしております。皆様がライブで聴きたい曲についてもリクエストお待ちしております。*定期的にアンケート集計結果は、ジェフ・ローバー氏本人に伝えられます。
メッセージはこちらにお願いします。

please feel free to contact us, and message to JL.
HERE

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。