Entries

スポンサーサイト

Tim Bowman / Tim Bowman

Tim Bowman - Mr. B(featuring Jeff Lorber)Jeff氏のプロデュースが光る一曲☆のれるのに、BGMにもなったり、特に出だしが好きです!Tim Bowman is a American guitarist characterized by cool sound.This self-titled album was released in 2008 and a brilliant cast of musicians joined it.Freddie Fox (rhythm guitar), Mel Brown (bass), Mike Broening (piano), Darren Rahn (sax, organ, keyboards), Jeff Lorber (piano...

The L.A. Chillharmonic / L.A. Chillharmonic

L A Chillharmonic - The L A ChillharmonicRichard Smithによる、プロジェクトで、ステキなフュージョンミュージックを聞かせてくれるL.A. Chillharmonic♪Alex Acuna(Percussion), Brian Bromberg(Bass), Brian Bromberg(Piano), Eric Marienthal(Sax (Alto)), Eric Marienthal(Sax (Baritone)), Eric Marienthal(Saxophone), Gary Meek(Sax (Tenor)), Greg Adams(Trumpet), Gregg Karukas(Piano),等々に加え、我らがJeff...

Sweet, Smooth & Sexy! The Ultimate Collection

Shanachie label(シャナキーレーベル)によるスムースジャズ傑作選♪Najee, Kim Waters, Candy Dulfer, Nelson Rangell, and Everette Harpなど12人のアーティストによるホットでスイートなスムースジャズを楽しめるCDです。Dave Koz and Chris Botti perform "Love is on the Way" Live on the Dave Koz CruiseJeff Lorber作曲による「Love is on the Way」(performed by Chris Botti / Dave Koz)サックスとトランペットがフュー...

Sound of Jazz FM 2008

A duo CD of smooth jazz compilation album by the UK's Jazz FM radio stationIt contains contemporary Jazz, Funk and soulful grooves and R&B.(features 30 tracks including cuts from Chaka Khan, Luther Vandross, Lou Rawls, Chris Standring, and more.)and contains Jeff Lorber 'Rehab':)Amy Winehouse - Rehabsoooo powerful!!!Sound of Jazz FM(2008/10/21)Various Artists商品詳細を見る...

Smooth Jazz [EMI Japan] piano songs

2008年10月にリリースのスムース・ジャズ・コンピレーションアルバムで、3枚組で50曲もの収録なので、聴きごたえたっぷり♪ダイアナ・ロスやノラ・ジョーンズなど女性ボーカリストのナンバーも多くLou RawlsのYesterdayなど、多彩な顔ぶれ&趣向がおもしろいな~って感じです。Jeff Lorber - The Other Side of the Heart (featuring Paula Cole and Eric Benet)2007年発売の「He had a hat」に収録されている一曲です。Paula Cole ...

Rehab / Jeff Lorber

Jeff Lorber_Rehabreleased in 2008アルバム「Heard that」の前にシングルリリースされています。この曲を聴くと、いつでも、なぜかわくわくした気分になります。Amy Winehouse の歌詞付きのオリジナル曲もカッコイイですね。Heard That(2008/10/30)Jeff Lorber商品詳細を見る...

Chris Standring / Love & Paragraphs

An album of British born guitarist Chris StandringChris Standring - " Love and Paragraphs "Track:9 is featuring Jeff Lorber on Fender Rhodes.良い動画がなくて残念ですが、かっこいいピアノソロをCDでチェックしてみてください♪Rodney Lee: keyboards, organ, programming; Andre Berry: bass; Rico Belled: bass; Larry Steen: bass (8); Eric Valentine: drums; Dave Karasony: drums; Everette Harp: tenor sax (1); J...

Heard That / Jeff Lorber

Jeff Lorber - Heard That - Don't Hold Backさわやか~なグルーブが心地良く感じられるアルバムです♪ドライブするときに、ぜひ持って行きたい一枚ですね~Audio Production, Bass, Bass (Electric), Composer, Effects, Engineer, Fender Rhodes, Guitar, Guitar (Bass), Horn Arrangements, Keyboards, Orchestration, Piano, Primary Artist, Producer, Synthesizer Bass, Wah Wa Guitar, Wurlitzer全てJeff Lorber氏担当なので...

Love & Live / Barbara Sheree

barbara sheree - Who I Be - Love & LiveJeff Lorber氏はcomposerとして参加しています。前作から3年ぶりとなるBarbara Shereeのアルバム「Love & Live」パワフルで女性ながらカッコイイBarbaraの魅力たっぷりの作品だと思います。(動画が共有できなかったのが残念ですが、ライブで聞きたいアーティストだと思いました。Love & Live(2008/03/11)Barbara Sheree商品詳細を見る...

Dave Koz / Greatest Hits

ライブパフォーマンスがとても魅力的な、Dave Kozキング・オブ・スムースジャズ・サックスプレイヤーとして、初のベストアルバムの本作には、未収録の4曲も♪(track12~15)AQUI & AJAZZ, Dave Koz "Emily" Live At The 2006 Dave Koz & Friends At Sea"Emily" is collaborated with Dave Koz, Bobby Caldwell, Jeff Lorber.This is his masterpiece! check it out☆Greatest Hits(2008/08/25)Dave Koz商品詳細を見る...

Christmas & Hits Duos / Brian Culbertson

Brian Culbertson Always Remember live, 2009Brian Culbertson's duo album. One for christmas.He's one of the funkiest smooth jazz musician and I like his lively funk & jazzy piano :)ピアニストで作曲家、編曲家、音楽プロデューサー。ベースやトロンボーン奏者としての腕もあり、才能多き、羨ましきミュージシャンです。Jeff氏のWurlitzerもご堪能ください♪Christmas & Hits Duos(2008/10/21)Brian Culbertson商品詳細...

Baker's Dozen / Jazzmosis

Jeff Lorber Water Sign live Jazz Alley「Baker's Dozen」アルバム収録の中の一曲。「Water Sign」発売から30年以上が経っても、新鮮さがあるってすごいなぁって思います。CDもいいんですが、Jeff Lorber氏の魅力はLIVEの方が伝わって良いですね♪Baker's Dozen(2008/06/10)Jazzmosis商品詳細を見る...

Unwrapped Vol. 6: Give The Drummer Some!

人気の"Unwrapped"シリーズ。Vol. 6は、Tony Royster Jr.参戦!音楽っていい!って思える一枚。Jeff氏はキーボードで参加してます。 1.Blame ItJ.T. Brown / C. Henderson / N. Walker2.Live Your LifeC. Harris 3.LollipopS. Garrett / D. Harrison / J. Scheffer / R. Zamor 4.Every GirlA. Graham / J. Henderson / J. Mills / C. Whitacre 5.Best I Ever HadA. Graham / D. Hamilton / M. Samuels 6.Single Ladies (Put A Rin...

The Very Best of Jeff Kashiwa / Jeff Kashiwa

The best album of the ever-popular Rippingtons's saxophonist Jeff Kashiwa.AQUI & AJAZZ, Banboo Forest "Hyde Park" Soundcheck live at Blues Alley Jazz, Washington, DC2000年にリリースのアルバム「Another Door Opens」からの一曲。アルバム制作において、Dave KochanskiとLorber氏のコラボレーションがso smooth!Very Best of(2009/04/07)Jeff Kashiwa商品詳細を見る...

Seventh Heaven from The Sound of Jazz FM 2009, Vol. 2

Seventh Heaven - Jeff LorberJeff Lorber氏オリジナルのアナログ盤!!ぜひ探して聞いてみたいものです♪本CDでは、2006年デビューのキーボードリスト、Oli Silkがパフォーマンスしてます。ローバーチューン最高!Sound of Jazz FM 2009 2(2009/10/27)Various Artists商品詳細を見る...

Richard Elliot / Rock Steady

richard elliot-license to chillSmooth Jazz Songsチャートで1位にランクインした「Move On Up」も収録の前作「Metro Blue」から4年ぶりのRichard Elliotのアルバム。ファンキーやメロウと、Richard Elliotの卓越サックスとスムース・サウンドを全編でお楽しみいただけます。Keyboards, Programmed By – Jeff Lorber (tracks: 2, 6)Rock Steady(2009/05/19)Richard Elliot商品詳細を見る...

Pick of the Litter 1980-2010 / Was (Not Was)

Featuring hit singles 'Walk the Dinosaur,' 'Spy in the House of Love' and 'Shake Your Head.'Was Not Was - Walk The DinosaurおもしろいPVですよね~1980年代に活躍した、Was(not Was)の30年の活動の集大成コンピレーションアルバムにJeff Lorber氏は、エンジニアとキーボードで参加しています。Ozzy Osbourneも参加してたりと、ユニークなアルバムです。Hey King Kong: Pick of the Litter 1980-2010(2009/10/20)Was (Not W...

My Jazz: Dinner for Two / Various Artists

Say Love / Jeff Lorber featuring Eric Benet2010年発売の豪華アーティストによるアルバム「My Jazz: Dinner for Two」収録の一曲。(track7)So nice & smooth♪1994年のJeff氏12番目のスタジオアルバム「West Side Stories」にすでに収録されていますが時を超えて違うCDでのリリースは、ファンとしては嬉しい限りです。Dinner for Two-My Jazz(2010/08/17)Dinner for Two-My Jazz商品詳細を見る...

Najee / We Gone Ride

Najee ft. Eric Benet We Gone Rideso sweet sound...song of Najee's album "Mind Over Matter" released in 2009Jeff lorber氏は、アルバムのtrack7 "Stolen Glances" と track11 "One More Thing"の制作に参加。NajeeのサックスとJeff氏のsoloがフュージョンした、とてもかっこいい音楽になっています。Mind Over Matter(2009/08/25)Najee商品詳細を見る...

Brian Bromberg / It Is What It Is

Brian Bromberg at the Catalina Bar & Grill, Hollywood, September 19, 2009, with Patrice Rushen, Gary Meek, Will KennedyBrian Brombergがエレクトリック・ベースをフィーチャーした、とにかく明るくて派手に気分を上げたい人にピッタリなアルバム「It Is What It Is」のタイトル曲。That's exactly fusion!!!ファンキーかつポップなサウンドを超豪華ミュージシャンと♪George Duke(Piano)Patrice Rushen(Piano)Jeff Lorber(K...

Alex 'BisQuit' Bailey bass solo with Elan Trotman, 2013

A quick bass feature for the CD release of 'TropicalityTropicality(2013/02/19)Elan Trotman商品詳細を見る' by sax man Elan Trotman in Bridgetown, Barbados. Featured at this show was the amazing Jeff Lorber on keyboards....

Jeff Lorber Fusion's Rain Dance Connection.

Jeff Lorber Fusion's Rain Dance Connection.ウォーター・サイン(2004/02/25)ジェフ・ローバー・フュージョン商品詳細を見る...

Appendix

プロフィール

Jeff Lorber Fansite

Author:Jeff Lorber Fansite
キーボード奏者のジェフ・ローバーは、1952年11月4日ペンシルヴァニア州フィラデルフィア生まれ。
バークリー音楽院、ボストン大学に学んだ後、チック・コリアの指導を受け、 '77年に『ジェフ・ローバー・フュージョン』を発表。
L.A.フュージョンに新風を吹き込むと同時に、ケニー・Gやデイヴ・コズの押し出しにもひと役買い、'80年代のビッグ・アイコンになった。『ウィザード・アイランド』や『ヒート・オブ・ザ・ナイト』など自己名義の作品をヒットさせる一方、'80年代後半からプロデュースにも乗り出し、マンハッタン・トランスファー、マイケル・フランクス、シーナ・イーストンらを担当。さらに、ダンスやファンク系の分野にも進出することでキャリア・アップを果たしてきました。”Now is the Time"が、第53回グラミー賞にノミネートされました。(ノミネートは4回目)




ジェフローバー氏の音楽活動を応援してくださる方のメッセージをお待ちしております。皆様がライブで聴きたい曲についてもリクエストお待ちしております。*定期的にアンケート集計結果は、ジェフ・ローバー氏本人に伝えられます。
メッセージはこちらにお願いします。

please feel free to contact us, and message to JL.
HERE

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。