Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://jefflorberfansite.blog29.fc2.com/tb.php/1547-8550b8a7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Terje Lie "Bright Moments" TCat 2014 - Feat. Jeff Lorber. Jimmy Haslip, Tony Moore and more


Bright MomentsBright Moments
(2014/07/15)
Terje Lie

商品詳細を見る


MP3
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00KZ9LATQ/ref=dm_ws_ap_tlw_alb2

Terje Lie scores big with a soulful and soul filled journey to the land of rhythm and groove!

Brent Black / www.criticaljazz.com

Today the United States Postal Service brought me tidings of great joy which shall be to all people...on July 15.
Ever hear some good buzz on movie only to find out the trailer was the best part. Buzz began leaking out concerning this recording months ago and don't believe the buzz because it is way better! One of the most dynamic contemporary saxophonists expands on a previous relationship with producers Jimmy Haslip and Jeff Lorber to find that contemporary fusion happy place that so many search for but few ever reach. There is a definite groove to the music, a fire and ice intensity that unites a myriad of influences with an amazing lyrical sense of purpose.

Both Haslip and Lorber perform as well as produce and cameos from such heavy weights as Michael Landau and Vinnie Colaiuta simply seal the deal that this is not the typical mass produced contemporary instrumental music that has been sanitized for your protection. A particular standout track "Jungle" is a funked out jam where Lie hits a Maceo Parker meets David Sanborn vibe that is also found within a slightly dialed down but equally "groovy" tune in "You Know." The tune "Storm Skies" is that rare funk that has a beat you hear with your feet! While there is a definite ebb and flow the positive energy of all the musical co-conspirators borders on contagious. Make no mistake, this is not the critically acclaimed Urban Vacation and comparisons to previous releases are inherently unfair to any artist. Bright Moments is just that, a vibrant excursion to nu-style contemporary jazz.

Terje Lie has one foot in the past but a keen vision for the future. Bright Moments should be a leading contender for album of the year. The best one word review? Flawless!

Tracks: Storm Skies; Big Surf; Bright Moments; Daybreak; You Know; Islands; A Special Thing; Santa Anas; Pancakes; Jungle.

Personnel: Terje Lie: Soprano, Alto Tenor Saxophone, Trumpet; Jeff Lorber: Keyboards, Guitar; Jimmy Haslip: Electric Bass and Percussion; Tony Moore: Drums (except 3 & 4).
Additional Musicians: Michael Landau: Guitar (2, 6, 10); Marlon McClain: Guitar (9); Jeff Richman: Guitar (1); Michael Thompson: El. & Acoustic Guitar (3); Lenny Castro: Percussion (3 & 7); Vinnie Colaiuta: Drums (4); Gary Novak: Drums (3).


www.terjelie.com
www.tcatrecords.com

http://www.criticaljazz.com/2014/06/terje-lie-bright-moments-tcat-2014.html
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://jefflorberfansite.blog29.fc2.com/tb.php/1547-8550b8a7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Jeff Lorber Fansite

Author:Jeff Lorber Fansite
キーボード奏者のジェフ・ローバーは、1952年11月4日ペンシルヴァニア州フィラデルフィア生まれ。
バークリー音楽院、ボストン大学に学んだ後、チック・コリアの指導を受け、 '77年に『ジェフ・ローバー・フュージョン』を発表。
L.A.フュージョンに新風を吹き込むと同時に、ケニー・Gやデイヴ・コズの押し出しにもひと役買い、'80年代のビッグ・アイコンになった。『ウィザード・アイランド』や『ヒート・オブ・ザ・ナイト』など自己名義の作品をヒットさせる一方、'80年代後半からプロデュースにも乗り出し、マンハッタン・トランスファー、マイケル・フランクス、シーナ・イーストンらを担当。さらに、ダンスやファンク系の分野にも進出することでキャリア・アップを果たしてきました。”Now is the Time"が、第53回グラミー賞にノミネートされました。(ノミネートは4回目)




ジェフローバー氏の音楽活動を応援してくださる方のメッセージをお待ちしております。皆様がライブで聴きたい曲についてもリクエストお待ちしております。*定期的にアンケート集計結果は、ジェフ・ローバー氏本人に伝えられます。
メッセージはこちらにお願いします。

please feel free to contact us, and message to JL.
HERE

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。